ガラスじゃないブログ

  1. 「分からない」んやなって、結論になる

     昨日、橋下徹さんの書いた文章を読んだ。 「なぜ、医療崩壊を起こさないためには、検査の件数を抑えた方が良いのか?」っていうことが書かれていて。 全文に対して抜粋だったけれど結構な量で。何か、橋下徹さんに何かを学びたい人に対するPRのようだったけど。塾的な感じですかね?すみません、よく…

  2. 若者に、どんなメッセージを発信するのか?

     自粛要請にもかかわらず、緩んできていると、テレビでもやってましたが。 主に若者。 でも、中高年もねえ。 自粛しないと、まずい局面だっていう「説得力」がないと、どうにもね。 穿った見方?いや、きっと違う。 オリンピックを意識して、数値をあま…

  3. 「ニューノーマル」

     今朝の「モーニングショー」、「玉川さんロス」のところへ、颯爽と登場の「田坂広志さん」でした。 玉川さんもエエけど、田坂さんもめっちゃエエわ。 高木美保ちゃんも。 田坂さん、準レギュラーになってくれはったらエエのに。お忙しそうやし、リスクマネジメントが必要な局面で、必ず登場し…

  4. これが、「人望」なのかしら

    サッカーとか、ほとんど見ない人ですが。今朝の番組で、オリンピック延期について、コメントを求められた森保監督。「健康あってのスポーツだと思うので」と、開口一番に、おっしゃった。この言葉を、聞きたかったんやわ、って思った。私がそんな立派な発言してるかは、疑問ですが…

  5. オリンピック

     オリンピック、延期濃厚になってきました。 自分が、母と一緒にテレビで見たかったとか。 高齢者は、一年先なんて、分かんないしとかいう気持ちもあり。(過去の入院で、そのまま状態が悪化していた可能性もあったわけで) 東京都民とか、チケットを買っていた人の残念感には及ばないながら、…

  6. 「検査をしてはいけない」とまで書いている人がいるけど

     こないだから、もやもやしっぱなしの、「検査」話です。 が、一つクリアにしておくのは、きっと、現実的なところで、どのくらい検査すればいいのかという落としどころがきっとあるだろうということです。つまり、今の「限界」を踏まえてということです。 ところが、話がすり替わっていて、仮に検査能力…

  7. 教室のお休みが、どれほどの意味があるのかは、分からないですが

     この土日月曜日にあるはずだった小野教室と、水曜日の酸素バーナーの教室をお休みにしました。 どれほどの意味があるのかは分かりません。 いざ休むと、人とのかかわりが断たれて、寂しいしフトコロは痛いし。 「理性の声は、ああ言うけど、辛いな~。お休みって言わんかったらよかったかなあ…

  8. PCR検査の、疑陽性、偽陰性と、検査の意味を考えてみた

     二流半大学と呼ばれている私学の、理学部物理学科卒業なんですけど。 しかも、物理、どのくらい分かっていると聞かれると、答えに窮するのですが。 一応、実験の際に、測定のための機器の性能の評価や、誤差の評価をして、そのうえで出たデータの値を、標準偏差から、誤差の範囲を割り出して、どのくら…

  9. Speculative Fiction

     今、「SF」って、スペキュレイテゥブ・フィクション(思弁小説)と言うんだそうだ。 昔は、サイエンス・フィクション(空想科学小説)とか、スペキュレイテゥブ・ファンタジー(思索的幻想小説)とか、言うてましたが。  この頃、自分でも、考えがコロコロ変わって、不安定だなあと、思うことがあっ…

  10. 理想は、「検査が、しっかりできること」なんじゃない?

    リケジョ崩れです。が、お子ちゃんの頃から、ゴリゴリの理屈っぽい奴でした。多分、生まれてから、死ぬまで変わらないと思う。論理的に考えておかしい事、まあ、それも自分の能力の及ぶ範囲内しかわからないのが人間なんですけど。自分が分かる範囲で、明らかに論理的におかしいことがまか…

PAGE TOP