西はりま天文台友の会例会

西はりま天文台友の会の例会、2回目に参加してきました。

月が明るくて、いまいちですが、天気はばっちりです。

第2土曜日に、明るい月の日が巡って来るのは避けられないとしても、2回続けての晴れは、なかなかラッキー。

今回、星のお話から、観測のお話から、いろいろ情報収集もできて、大満足でした。

 

今回も例によって、星雲星団の観測には向かず、やたら、二重星のオンパレードで、内心ちょっとがっかりって思ったのですが、これが、深かった。

なゆた望遠鏡(主鏡の直径2メートルのカセグレン式望遠鏡)で見たのは。

月!またもや、月!

アンドロメダのγ(ガンマ)星、アルマクとその兄弟の星。

見かけの二重性、白鳥座のβ(ベータ)星アルビレオ。

ケフェウス座μ(ミュー)、通称ガーネットスター。

こと座のベガも、見ました。

ぎょしゃ座のカペラも。

この二つは、ふ~ん、星。

 

で、この後の、友の会例会のクイズにつながっていったらしい。

アンドロメダ座のアルマクは、大きな方の星が、オレンジ色、小さい方の星が青の二重星。

同時に生まれた星でも、色が違う。

質量が大きいと、内部の核融合が激しくて、早く燃え尽きてしまう。

小さい方の星は、質量が小さくてまだ燃え尽きてはいなくて、青い。

大きな法の星は、オレンジ、次に赤になって、赤色巨星という星の最期を迎える、その手前。

そうそう。

3日前に私がランちゃんの散歩で、コンデジで手持ち撮影した画像、上げますね。

クイズの何問目だったか。

アンドロメダ座アルファ性には、私たちの太陽にはないある物質がたくさんあります。何でしょう?

答えは水銀。

3択だったので、その中で、元素なのが水銀だけだったから、他の化合物はないだろうと思って、水銀を選んで正解。

ちょっと嬉しい。

 

クイズで、こと座のベガの話も出てきた。

みなみのうお座フォーマルハウトは、こと座のベガと同じ物を持っている、何でしょう?

答えはリング。

で、ベガは自転が速くて、ちゃんと観測すると、扁平な形をしているんだそう。

フォーマルハウトは、ガスが渦を巻いています。

その原因は何でしょう。

これも、磁場ではなさそう重力に引きずられそうな気がしたから、連星系かな。

正解は、連星系だから。

フォーマルハウトは、3連星で、フォーマルハウトa、b、cは、とても離れて見えて、cに関しては、隣のみずがめ座の中にいるんだそう。

こんなに離れて見えるのは、実は、フォーマルハウト自体が、比較的地球から近いからなんですって。ふ~ん。

フォーマルハウトは、a星のガスがb星に引きずられて、螺旋を描いている。

へ~!

これらのリングは、これを材料に新しい星が生まれているのではなくて、おそらく星が生まれそこなったもので、デブリリングというんですって。

 

あと、クジラ座のミラ。有名な変光星。

最近、星関係の検索が多いせいで、ニュースに上がって来る。

クジラ座のミラが、10月の末ごろ、一番明るくなった。

クジラ座のミラは、恒星なのに、彗星みたいな尾があるんですって。

ミラも、3日前の散歩で探しました。

クジラ座なんて、探してみようと思ったのは初めて。

見えました。

が、暗い時は、探せないくらい暗いんだそうで、撮っておけばよかった。

月がこれから明るくなるので、写らないと思う。

月が暗くなるころには、ミラも暗くなっている。

クジラ座の頭の星までは写ってます。

手持ち撮影につき、ブレててごめんなさい。

 

 

それから、ペガサス座51番星。

最初に、惑星を持っていることを発見した人が、今年のノーベル物理学賞をもらった。

4年くらい前に、「京都賞」を貰われていたそうで、そのあとのノーベル賞。

これで、京都賞の格が上がったって、おっしゃってました。

 

なんだったか、星の名前のクイズで、消去法で消すと当たりっていうのもあって。

三択の中に、「エルビウム」っていうのがありまして。

あ、ガラスの発色剤に使う物質(元素だと思う)の名前やんと思って消した。

元素の名前として、聞いたことがあると答えたら、ちょっと驚かれた。

ま、ガラスの名前にありますから。

エルビウムというのは、ピンク色の発色剤で、どんどんたくさん入れても一定以上は濃くならない、淡いピンク色を発色します。

 

というわけで。

クイズの後の友の会観望会では、60センチ望遠鏡のところに行ってみた。

見たのは、月!

もうエエわ!の、月でございます。

他が見たいというので、天王星、海王星。

あ、点じゃない、面積がある。

惑星やん。

うれしい。

自分の望遠鏡では、よう探さんと思う。

ぺガスス座のM15も、うっすらと雲のように見えました。

そのあと、恒星なので点ですが。

ノーベル賞のペガサス座51番星。

どんなふうに見えるか見てみたいという私のリクエストで、大きすぎて全景が入らない、プレアデス星団。

などを見ました。

私の手持ち撮影の、プレアデス星団。

あと、冬の星座色々。

オリオン座のベテルギウス、おおいぬ座シリウス、こいぬ座のプロキオンで、冬の大三角。

左上の方に、ふたご座、上の方がカストル、下がポルックス。

60センチの望遠鏡です。

月、見てます。

もうエエわ!

でも、60センチだと、小さなクレーターまで良く見えると、熱心にご覧になってました。

私、まぶしくて無理。(^^;

というわけで。

最近の試作品。

丘の上の天文台と夜空のマーブルと、丘の上の天文台にお家も入った方は、レンズ型に成型してます。

どちらもまだ、試作品。

まじめに、完成まで持って行きます。

今度こそ。

天文台の形は、ドーム型で、本体が白い感じ。

真ん中が黒いのは、スリットを開けているためで、空を見ているところです。

一般的に、イメージしやすい物として作ったんです。

なゆたのドームは、円筒型で、シルバーです。

カッコ良いです。

なゆたが、低い空の星を狙っている姿は、どこか、「マクロス」を思い出すのは私だけだろうか?

三菱製ということですが、絶対設計者は、アニメオタクだったに違いないと踏んでいます。

で、なゆたとは、姿が違うのですが。

「この辺、ラベンダー畑かな。」とか。

厳密に忠実でなくても、世界観が伝わると、見る人の頭の中の世界とシンクロするんだなあって思いました。

ホンマに、頑張って完成させます。

お楽しみに!?

 

そうそう。

カメラ話も、いろいろ聞けました。

例会以外での西はりま天文台利用に関しても、いろいろ教えてもらい。

何とか、月のない夜にトライできないかと、画策中。

頑張ります!

きれいな、降るような星が見たい!

あ、私のコンデジ、三脚につけて、6秒くらい露出すると、結構取れるんですって。

やっぱり、ランちゃんの散歩、三脚持って行こうかな。

↑おいおい。

 

instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

PAGE TOP