シーイング、サイコー!!!

先日、双眼鏡を持って、ランの散歩に行きまして。

かに座の「M44プレセペ星団」を探しました。

見つけました。

この頃、調子いいです。

で、昨日、11月30日には、「プレセペ」撮影のため、三脚を持って行きました。

さっぶかったです。

星空が、きれいでした。

もったいないので、他のも撮りました。

最初のは、ふたご座のM35 。

こないだも撮ったやつです。

が、それを撮ったごく近くに、他のもあることに気付き、今日は、そこも狙うことに。

ぎょしゃ座の、M37、M36、M38です。

あとになってから、同じ画面内に、M1があるはずだということに気付きました。

わ~、流れても良いから、もっと長時間露出したのも撮って置けば良かった。

有名な、おうし座の、「M1かに星雲」です。

超新星爆発を起こした残骸で、超新星爆発で周辺が明るくなったことが、清少納言の枕草子にも描かれているそうで。

現在では、実際に見てみると、地味だと書いてあります。うん、写ってない。

次は、こないだも撮った、ペルセウス座のh+χ(エイチカイ)です。

実際には、カシオペア座から探します。

こないだより、きれいに撮れてる。

そして、じゃ~ん!

M1アンドロメダ座の大星雲。

ちょっと流れているのは、見なかったことにしてください。

拡大してみると、流れてるのがバレます。

撮ったままの画像で、もっと広角な画像なら、流れてるのバレないくらいですが。

せっかくなので、そこだけトリミングして、拡大しました。

なんか、渦巻いているのも、見えそうな勢い。

中心付近が、均一な感じではなくて、もやもやと濃淡がある感じに撮れています。

次は、お馴染みのオリオン座。

馬頭星雲は、やはり撮れず。普通のカメラでは、赤い光が撮りにくいそうで。

赤い光が写る天体写真用のカメラで狙うか、赤道儀式のモータードライブで狙うか。

っていうか。

私の望遠鏡、「ファインダー」と「極軸望遠鏡用ライト」が行方不明なんですが。

モータードライブ、どこに置いてたっけ?

って、「モータードライブ」も、行方不明?

いや、箱の中に入れてたのじゃなかったっけ?

そうそう、このくらいの広角なら、適当に極軸合わせて、望遠鏡がどこを見ていようと、望遠鏡とカメラをつなげなかったら、流れないで長時間の追尾、できるんじゃないの?

だったら、「ファインダー」と「極軸望遠鏡用ライト」がなくても、使える。

動くんやろか?年代物で。

探すべきでしょうか?(^^;

とりあえず、今日のところの目標は、「NGC2238」なので、これは、写ってます。

が、M78があることに気付いた。

ウルトラマンの星じゃなかったっけ?

写ってない・・・残念。

ウルトラマンの星は、M78だけど、M78は、星じゃなくて星雲です。

あ、最後は、かに座の「M44プレセペ星団」です。

拡大すると、ピントが合ってないのがバレるので、このくらいにしといたろ。

いや~、撮った撮った。

プレアデスも撮ったけど、ま、良いか。

明るくて代表的な星雲星団は、かなり抑えたと思う。

家に帰り着いて、見上げると、これがまたきれい。

よく見ると、家の庭からの方がきれいなくらい。

なぜ?

もしかしたら、ランの散歩だと、草につゆが浮いていたから、湿気が多いのかも。

その点、冬の住宅地、結構乾いているような気がします。

しかも、昨日は、住宅地周辺でも、めちゃ寒くて。

上空との気温差が少なくて、地上付近が乾いている。

「シーイング」がめっちゃ良い!

つまり、星などの見え方に影響する空気の揺らぎが少ないってことですが。

うちの庭からも、コンディションが良かったら、まだまだ、こんなに見えるんだって気付いた。

湿気多いとか、地上付近があったかいとかだと、街灯の影響で、全然見えなくなったなあと思っていたけど。

こんなに奇跡みたいな日があるんだなあと思った。

双眼鏡越しの、プレアデス星団の星の数が、とんでもなく多かった。

震えました。

何か、この頃、「ドはまり」してます。

 

星を見よう。

発端は、知り合いがプラネタリウムのある施設への採用が決まっていて、隣で、「プラネタリウムのお姉さんや!」って、勝手に盛り上がっていた。

が、事情あって、辞退することになり。

私が勝手にしょぼぼんとしてしまった。

結局、自分がやりたかったんやなあって気づいた。

まあ、「転嫁」ですね。

だったら、自分でやればいいやん。

「星のオバサン」いえ、「星のお姉さん」を。

で、「星のソムリエ」になろう計画だったんです。

 

かつて、水中写真を撮っていた時、写真を撮ることに夢中になって、生の海の風景を見てないことに気付き、一時は、一本カメラを持って入ったら、一本は持たずに入ると決めていたことがあった。

で、星もですけどね。

目で見上げた星を、楽しみたいと思ったんです。

でもな。

コンデジで撮ってみて、写ることに、感動した。

三脚に載せて、各種設定をやって、ピントを合わせて、広角にしといて、あてずっぽうで、この辺かなってところを撮ってみると、写っているんです。ぼんやり。

その液晶に写った対象の場所は分かっているので、今度は、そのあたりを拡大して、今度は流れないように露出を短くして、露出を短くした分、他の設定も触って、ピントを合わせなおして、また、あてずっぽうで、撮る。

自分の目で見えている訳ではなくて、カメラが先に撮った広角の画像を頼りに、倍率を上げて撮る。そんなことができるんですよ。

高校や大学の時、あれほど探すのに苦労した星雲星団。

でも、カメラの性能の向上で、昔と違う探し方ができるし、実際にぼんやりとでも写ると、そこにあることが確認できるわけで。

家に帰ってから、画像を見て探し。

そういうことをしていると、なんか、場所も覚えやすい気がします。

私が変わったのではなくて、世の中が変わったんやなあ。しみじみ。

 

それにしても。

バーナーをしている作業の様子の動画を撮影するために買ったコンデジ。

カワセミをよく見ようと思って買っておきながら、鳥の動きの速さに結局使いこなせなかった双眼鏡。

星に使うことになった。(^^;

どっちも、意識はしてました。

双眼鏡は、倍率は低くして(高いと視野が狭くて鳥が追えない)置きながら、暗さに強くなるよう、レンズ径は、大きめのものを選んだ。星に使いまわそうと、ちょっと考えていた。

カメラは、広角気味で、ISO感度が高いので暗さに強く、バルブ機能がついていて、天体写真も撮れるというのも、意識した。

ああでも。

もっと見たい。

人って、欲深い。

もっと口径が大きい、分解能と集光力が大きい望遠鏡を使ったら、暗くてぼんやりしか見えないものも、もっと見える。

自宅の庭で、あんなにクリアな星空に出会ってしまうと、欲が出てきます。

実際には、今のところ、これ以上は、何にも買えません。

手持ちの望遠鏡の、失くしたアレコレを探してみよう。

一応、長いスパンの趣味にしようと思っているので、あまり前のめりにならないよう、自分を抑えつつ。

なんか、楽しくなってきているこの頃です。

 

instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

PAGE TOP