曲がり角の先に

 風邪を、まだ引きずっています。

 実は、先々週の木曜日、KCC加古川の午後の教室の途中から、のどが痛くなり初めまして。

 夜クラスの際には、風邪のひき始めになっていました。

 あ、インフルではありませんでした。細菌性の風邪がすっきりしないんでしょうって話で、内科で追加のお薬貰いました。

 とりあえず、誰にもうつしてないと思う。細菌性だし、マスクは極力してたし。

 

 その木曜日に、加古川KCCに、教室を閉じることを、お伝えしました。

 お伝えする前日には、決めていたのに、胃が痛くなり始めました。

 決めたこととはいえ、長年続けてきて、いろんな方とかかわって来た場所なので、寂しいです。

 

 ふく蔵さんのアクセサリー展、今年で最後にします。

 それを、今日お伝えしました。

 決めたことだけど、寂しいです。

 ずっとお世話になって来て、とても大好きな空間です。

 本当に、ずっと、とてもお世話になりました。

 今年、最後の一回、頑張りたいです。

 

 物事は、移り変わるので、時期が来たのならば、そこに抗っても過去には戻れません。

 ふく蔵さんで作品展を始めたころは、「地元で作っているとんぼ玉」って、とても新鮮だったと断言できます。

 楽しんでいただけたと思っています。

 今、あちこちで手作り市なんかが開催されていて、見慣れたアイテムになっていったような気がします。

 そろそろ、地元でアクセサリー展というのは、役割を終えたんではないかなあと思います。

 

 KCCの教室、元は、弟と一緒に仕事をしていたので、平日は工房で製作をしていて、平日のクラスを増やせず、そんなときにKCC加古川の担当の方の声をかけていただきました。

 あれから、13年が経とうとしています。

 私の方の生活も変わりました。

 平日開催の教室は、やろうと思えば、小野教室で増やすこともできる訳で。

 いろんなことを考えると、時期が来たんだなあと思います。

 

 作品を販売していたところとのお付き合いも、今残しているのは3か所だけ。

 そこも、なかなか納品できず、中途半端にしてしまっています。

 そこは、まだ決めかねています。

 限定的に納品ができる可能性はあるのかなあと。

 ただ、期限がないので、ちょっと甘えています。

 このまま、納品できる時だけって、甘えたまま行くのかもしれません。

 

 加古川KCCは、今年の3月の教室でおしまいにします。

 ふく蔵さんの作品展は、今年の4月の作品展が、最終回です。

 

 すみません。

 楽になる気がして、どこかホッとしています。

 疲れてるのかなあ。

 一方で、寂しいです。

 それに、なんだか心許ないです。

 糸の切れた凧のような心細さもあります。

 でも、その心細さを含んだ、自由な気持ちが、心地よかったりもします。

 そう、心許なさがありながら、変化の前触れのような気がして、心がふるふるって、震えていたりします。

 複雑です。

 

 大好きな「赤毛のアン」の中に、「曲がり角の先に」という章があります。

 きっと、原文では、「ターニングポイント」なんじゃないかなあと思います。

 アンが、奨学金を貰って大学に進めることになっていたけれど、大好きなマシュー小父さんが亡くなり、進学をあきらめて、先生をすることに決めます。遠い学校の先生の空きがあるのでそこに決まりかかっていたけれど、ギルバートが、地元の学校の先生に決まっていて、そこのポストを譲ってくれます。その時のタイトルです。(ちなみに数年先生をした後、アンは、改めて大学に進学します。)

 なんか、ちょっと、そんな気分です。

 

 今後、当分、自分のプレッシャーになる大きな締め切りを、極力作らないで行こうと思います。

 大勢のグループ展なら、きっと大丈夫。

 4人展とかは、作品が足りないかも。

 グループ展のお誘いは、お待ちしてます!

 

 今後ですが。

 思いっきり、作品を作りたいです。

 マニアックな奴です。

 こんなん、どうやって作ってるんやろ?っていうのに、限定していこうと思っています。

 この作品、厄介です。

 8割がた、できそうに見えて、残りの2割が解決せず、棚上げになったりするのは、いつものことです。

 で、犬の散歩のとき(歩いている時が多い気がします)とか、寝入り端に、閃きが来ます。

 で、試作してみて。

 撃沈!

 または、大成功!

 時間が読めず。

 他の締め切り直前で、作り方のこなれた、この時間内に何個くらいなら作れそうっていうのが読める、アクセサリーを作らなくてはいけないところで、閃きが来て。

 試す時間がなくて、悶えていたりします。

 「締め切りないと、作らんのかなあ?」とも思うのですが。

 いっかい、締め切りのない暮らしをしたいのです。

 ほら、もう若くないので。

 思いっきり作れて、手が震えない間に、できるだけやっておきたいです。

 棚上げ中のものが、いくつかあります。

 そういうものを、形にできて、皆さまに見ていただけたら良いなと思います。

 

 小野教室は、もちろん続けます。

 きょろきょろしてもらうと、きっと作りかけの物のきれっぱしが、転がっていると思います。

 そういう、作っている空気間も感じてもらえたらなあ。

 もしかしたら、平日夜クラスを作るかも。

 日曜午後クラスは、なしにします。

 土曜夜クラスは、始まりと終わりを、30分前倒しにしようと思います。

 そんなクラス再編をもう一回ちゃんと考えて整理してから、募集チラシを改めて作ります。

 小野教室、新たな気持ちで、頑張ろうと思います。

 

 予告です。

 多分、年内には、「街並み」のペーパーウェイトかマーブルの作品を、完成させると思う。

 完成しないかもですが、宇宙の作品を、あ~でもない、こ~でもないって、試作していると思います。

 他に、棚上げしてるのが、最低2つありますが・・・

 ほんまに、完成するでしょうか?

 お楽しみに!

 

 自分の中で、いろいろ一新して、新たな始まりの年にしたいです。

instagram

This error message is only visible to WordPress admins
This endpoint has been retired
PAGE TOP