3月後半の教室をお休みにします

 3月後半の小野教室をお休みにします。

 加古川は、すでにお休みが決まっています。

 自粛の空気感に流されてというこではなくて。

 いや、判断として、正しいかどうか、ほんとのところは分からないんです。

 ふく蔵さんを、延期してもらったのも、やりすぎだったか?と、思った日もありました。

 加古川教室お休みの判断が早かったことも、用心し過ぎ?と、思った日もありました。

 

 自分の不調の原因が、PM2.5のせいとほぼ確信が持てて、教室大丈夫やわと、思ったんです。犬の散歩で不調になり、一日仕事で大袈裟な防塵マスクつけていた後は、調子良いんですもん。

 母のことも、もしかして、「フサン」をすでに透析で使っているなら、かえって安心?とかとも思い、変な安心をしているんですが。

 自分の中の、モヤモヤが消えないのは。

 イタリアやスペインの現状を見て、日本の対応、これでエエんやろか!って、気がしてくるんです。

 水面下で起きていることを、つかもうともせず、いやむしろ、見たくないことを見なければ、無かったことになるはすだ的な。

 そっちの空気に乗りたくない。

 食品の買い出しには、マスク着けてません。ないし。

 風邪症状、ないし。

 

 教室のお休みは、収入的には、痛いです。

 それでなくとも、へこみがちなのに。

 

 でもな。

 まあエエか、って開催してしまう自分で良いのかな?

 ま、そのくらいのことです。

 天の邪鬼なのかもです。

 

 こんな時、自分の考え方を、改めて確信する。

 知りたい。

 とことん調べて、スッキリしたい。

 自分のそのキャラが、世間一般では、受けが悪いことは知っている。

 めんどくさいキャラです。

 

 症状が出ない、もしくは軽症者が多いと聞いて、一度は楽観的に構えたけど。

 私の中にもいる、良い方を信じたい自分もいるけど。

 どこか、武漢で起こったことと、イタリアで起こっていることを、どうとらえたら良いのか、楽観的に見るには、腑に落ちないんです。

 

 日本では、ダイヤモンドプリンセスのことがあって、少し早く、注意が向けられた。

 で、日本のことを対岸の火事よろしく見ていたヨーロッパでは、水面下で、日本よりも早い時期に感染が広がって、見え始めたのが、一定の閾値を越えたあとだったってことなら。

 日本は、挨拶でハグしないとか、手洗いの習慣がまだあるとか、文化の違いで、広がるスピードが遅いだけというなら。

 ワシントン・ポストのシミュレーションに従えば。

 早い時期に油断したら、感染爆発は起こる。

 スピードを緩めて、回復して免役を持った人が増えることで、感染爆発は、抑えられる。

 水面下の感染が起こっているだろうとは、専門家もおっしゃっているようだし。

 絶対に罹ってはいけないのではなくて、緩やかに広がって、多くが免役を持てば、医療崩壊を防げるというのだし。

 今、どの辺りにいるのか?

 本当は、無作為抽出の疫学調査の結果がないと、自分の置かれている状況が見えないんですもん。

 

 といったような、めんどくさいことを考えて、教室お休みです。

 大した差はないでしょうって、言われそう。

 そうでしょうとも。

 痛いのは、私のフトコロですとも!

 来月は、窓を全開にして、開催したい!

 です。

instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

PAGE TOP