こだわりのマスクを製作!

 マスクを作りました。

 田舎で暮らしていると、そこそこの手作りマスクで十分と思っていたら、そうは行かなかった。

 そうだ!

 教室というものがあったのでした。

 長時間、快適につけられるマスクが必要だ!

 先日、花凛さん家にお邪魔した時に、あさばんさんの麻のマスクが評判が良いという話だったので、麻で作ることにした。

 その時聞いた話では、麻は縫いにくいらしい。

 ま、それはそれで、そこそこの仕上がりになればってことで、マスク、作りました。

 前に作った綿のマスクは、ネットから型紙を印刷して作ったものの、立体感が足りな過ぎて苦しかったので、型紙をアレンジして、少し立体感を増した物だったんですが。

 その綿のマスクでダメだったので、今度はさらに立体的な型紙を探しました。

 それで作ったのが、カーキの方のマスク。

 一見スタイリッシュにできたんですけど。

 一番飛び出しているところが、口の前あたりで、鼻に圧迫感を感じる。

 そこで、鼻の部分が一番飛び出しているように修正したのが、マスタードの方。

 型紙では、カーキとほぼ同じで、上下がぴったりと合っていて、前だけ飛び出しているはずだったんですけど、縫う時の誤差ですね。

 上の縁まで少し長めになってしまったので、立体感のないマスクみたいなことになっている。

 でも、つけると、鼻の頭のところがかなり飛び出していて、快適です。

 上の縁が、鼻の頭のさらに少し上に来て、鼻骨に掛かるくらいの位置で、ここが耳の方に引っ張られて固定される。

 下の縁が、顎くらいに掛かって、ここからゴムで引っ張られて固定される。

 他の部分が、自分の顔のどこかを圧迫しなければ、OK。

 鼻の頭を圧迫してしまう形は、それだけで苦しいので。

 次は、同じ型紙で、もうちょっとうまく作れると思う。

 とりあえず、一個はできたので、教室で使います。

 

 で、この頃思うんですけど。

 酸素バーナーの時の日焼けが、前から気になってまして。

 黒くなるというよりも、日焼け止めを塗っていても、何かお肌がガサガサ荒れてしまうんです。

 それで、3Mの防塵マスクを使ってたんですけどね。

 それでもダメ。

 その時も、何か作れないかと思ったんですけど。

 マスクを手作りするこの状況に至っては、何かできそうな気がしてきました。

 UVカットの綿素材の生地を使って、保護メガネで隠せない部分までカバーしたマスクを作る。

 決して、プロレスラーのマスクみたいなのを作ろうとしている訳ではないんですけど。

 ちょっと、時間のある時に、構想を練ってみようと思っています。

 ああ、私は、どこへ行くんだろう。(^^;

 

 明日こそ、働きます。

 ↑ふく蔵さんが終わってから、脱線ばっかりしているのだった

instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

PAGE TOP