またいつもの「カメラが欲しい」

 カメラ欲しいです。

 今、収入激減で、それどころじゃないのです。

 が、いつもの事です。

 多分、買えません。

 めんどくさい長文なので、興味ある方(いるのか?)だけ、読んでください。

 

 カメラは、今、コンデジにしたら割と良いのを持っています。

  キャノンパワーショットG7XマークⅡ(横着してカタカナ表記)というカメラです。

 元々は、トンボ玉製作動画をアップしようと思って、液晶がパカッて上に上がって、自撮りがしやすかったりするカメラで。(バリアングルというらしい)

 ついでに、ISO感度が高くて、暗さに強いものが欲しかったから選んだのですが。

 ヤマダ電機のお兄さんに相談したところ、当時出ていたミラーレスカメラは、オート中心に使いたい人向けなので、お勧めしないと。

結果、このコンパクトデジカメはかなり正解で、天体観望の趣味を再開してみれば、暗さにも強いし、ピント合わせがマニュアルでできることから、星のピント合わせをかなりきちっとできることが分かり。

 かなり満足して使っていた。

 今も。

 明るくとれる、暗い場所でも相当明るく撮れるというのは、本当に便利。

撮る時間帯が夜でも、ライトを色々変えてみても、少々 のことならついてくる。

 ただ、ふと。

 もっとガチでマクロ撮影がしたくなった。

 私が持ってるマクロレンズは、20年以上前の会社員だったときに、京橋のカメラ屋で買った。

 水中カメラのハウジングの中で、無茶をしたので、一部動きがおかしいんだけど、トンボ玉撮影になら十分使える。

 でも、ほんとは新しいのがほしかった。

 が、一デジ本体が古すぎて、部品の保存期間を過ぎたという連絡が来てから随分経つ。今日ネットで見たら、中古が880円で出ていた。

 まず、ISO感度か低い。

 階調表現なんかも、今のと全然違うんじゃないかと思う。

 

 で、今時のカメラってどうなん?って見に行った。

 まだ、一眼レフとして出ているカメラはある。

 中級機としては、EOS90Dと、EOS M6マークⅡの2機種。

 違いは、後者が、センサーがフルサイズで、前者が、一回り小さいセンサーで、私が持ってる880円になってしまったカメラと同じサイズ。

 

 ただ、キャノンは、なのか、世間はなのか、ミラーレスに行ってるんだなと思った。

 コンデジは、液晶を見て撮影してて満足してるわけなので、一眼でなかったら困る理由は何なんか?って話なんですが。

 例えば、蛍撮影。

 液晶が明るすぎて、液晶の光が私のからだに反射したものが眩しくて、蛍に警戒されてしまう。

 中級機よりもお高く、フラグシップ機よりも少し安い、かなりすごいことになっているミラーレスには、ファインダーがついている。

 ミラーがないから、ファインダーのなかに、小さな液晶が仕込んであるってことだ。

 うん。

 これで十分や。

 レンズ越しに入って来た光をミラー二枚で反射した像を見ながら、被写体を狙っていた。

 が、ミラーを使わなくても、レンズから入って来てセンサーに到達する像を、ファインダーの中の小さい液晶の方で目で確認できる。蛍もビックリしない。

 というか、最新機種では、この小さな液晶が、かなり目で見たときに迫る程の出来だと書いてある。

 人間の目は、従来のカメラのセンサーと比べたら、暗さには強かった。色を見分けることが極端にできにくくなるようなんだけど。

 だからこそ、人間の目で見る光学ファインダーの方が、良いように思われてきたんだろうけど。

 多分すぐに、液晶ファインダーの方が良くなってくるんじゃないかという気がする。

 というのは、今持っているコンデジなんですけど。

 四秒くらい露出したら、私の目には見えていない星を写し出している。

 去年、彗星を探すときに、カメラで当てずっぽうで露出して、撮れた画像を探して、彗星の位置を確認し、その場所を双眼鏡で探して観望をした。

 私の目は、結構ポンコツにできていて、ピントは合わないし、暗いものに弱い。

 カメラのレンズとセンサーを通す事で、自分の目だけでは見えない世界を、見ることができていた。

 カメラのセンサーが、さらに進化したら、液晶ビューファインダーには、自分の目でミラーの反射越しに見ては見えないものまで、見えるようになるんだろうと思う。

 凄い!

 しかも、ミラーが上がったり下がったりしない方が、カメラに振動が伝わらないから、ブレが起こりにくくなる。

 ますます、光学ビューファインダーの存在価値が分からなくなる。あ、電池を食わないというメリットはある。

 欲しい!

 EOS R3で、税込み748000円。EOS R5で、安いところで455400円。

 絶対買えない。

 しかも、この辺りのミラーレスは、センサーがフルサイズ。

 画素数は、R5の方が多い。

 R3は、画素数は抑えてあって(十二分です)、オートフォーカスの機能や良くなっていたり、連写の際の処理速度が早いようです。モータースポーツの撮影する人には良さそう。もちろん、カワセミ撮ったりとか。

だから、最近は、カワセミの写真とか、凄いのが多いんだね。

 しかも、あれだけ暗さに強かったら、追尾しなくても、まんま天の川が写せる。

 ふ~ん。

 運動神経に自信がなかったので、もっぱら動かないものを撮るのが好きだった、

 キノコとか。

 トンボ玉とか。

 でも、このくらい、カメラの方が動くものに対してカバーしてくれるなら、被写体を見つける執念深ささえあったら、私にも撮れそうな気がする。

 いやいや。

 いやいやいや。

 カワセミ撮れなくて、悔しかったあの頃。

 撮れるもんなら撮りたいと思ったことはあったけど。

 

 いや。

 シンプルに、トンボ玉を、マクロ撮影したい。

 撮りで、相当幻想的な画像ができる。

 そういうのを撮りたい。

 880円だからね。私の一デジ。

 ただ、昔買った20ミリのレンズ。

 センサーが小さいと、あまり広角に撮れないんだけど。

 フルサイズに付けてあげたら、きっと広角に撮れるはず。

 いやいや。

 そのレンズだって、今はきっと、手放すときは、安くなってると思う。手ブレ防止がついたレンズが新しく出ているはずだから。

 

 「フルサイズ」この言葉に、気持ちがぐらぐらする。

 昔、みんなが使っていた35ミリのフィルムと同じサイズのセンサーをフルサイズと呼ぶ。

 カメラが出始めの頃に若かった父は、写真撮影というよりも、カメラそのものに憧れが強くて、カメラが好きだった。

 実際、孫(私には甥姪)を撮るのは、父よりも、義妹の方が上手いと、こっそり思っていた。

 まあ、そんなこんなで。

 亡くなった父の「マニュアル」信仰と「フルサイズ」信仰は、とても深かった。

 もちろん「一眼」信仰も。

 私は、合理主義だから、オートで良いと思っていた。

 フルサイズでなくても良いと思っていた。

 ミラーレスが出てきたとき、多分あっさりと、こっちになびくだろうと思っていた。

 

 だだ、犬神家の一族で、松子さんが佐兵衛さんの亡霊に突き動かされていたかのように。

亡き父の、「フルサイズ」へのこだわりがそうさせるのか?

 どうしても、「フルサイズ」というワードに、心がざわざわする。

 

 買わないですよ!

 買えません!

 でもでも。

 画素数の多いR5に、20ミリのレンズを付けて、星野写真撮ったら・・

 いやいや。

 

 ああ、カメラ欲しい!

instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

PAGE TOP