人工オパール・・・

宇宙ガラスの流行りで、耐熱ガラスに、オパールを封入した作品が、多くなりました。

この人工オパール、見る方向から見たら、線が見えます。

それが、特徴です。

きっと製法上のことだと思う。

同じサイズの二酸化ケイ素が、層状に並ぶと、そこが遊色に見える。

多分、同じサイズの二酸化ケイ素を仕込みつつ、もっと薄い層にしたいと考えると、じゃ、何らかの方法で広げたら、薄くなるやんねってことだと思う。

個人的に、オパールは、大好きで、天然のオパールのルース(裸石)を、何個か持っている。宇宙ガラスブームの前から。

で、世間で、人工オパール封入が流行ったとき、けっこう、複雑な気持ちだったんです。

今となっては、作ってます。

人工オパールも、きれいです。

時々行っていた石のイベントで、ルースで、「人工オパール」と書いたものを売っているのを見かけた。

他の商品を見ると、けっこう真面目な表示をしているブースで。

そこの店主にだったか。

聞いてみた。

「人工オパール、線が入っているのが特徴なのは知っているけど、線が見えない方向にきれいにカットして、線が見えないように、ジュエリーとしてセットしたら、天然と見分けつきますか?」

物によっては、プロでも、難しいだろうということでした。

だよね。

私が買っているところでは、必ずガラスに封入したものを売るように、条件がつけられていた。

天然のオパールは、必ずわずかでも、水分を含んでいる。水脈の中で、二酸化ケイ素の粒が溜まってできるからだ。

確か、水分が多い石は、徐々に乾いて、割れるらしい。

人工オパールは、水分を含んでいない。

だから、熱をかけても、割れない。

ガラスに封入できるのは、人工オパールの証拠。

そもそも、お値段の張る天然のオパールを、わざわざ、ガラスに封入する理由も見当たらない。

 

そんなこんなで。

ガラスに封入することを条件に、売ってもらっているのは、自ら「人工です!」と、いっているようなものだからだと思っていた。

なので、オパール好きの端くれとして、ガラスに封入し、その上で「人工」と、言って売るようにしていますが。

そういうところは、遠からず、崩れ始めるだろうとは、思ってはいた。

人工が登場すると、天然の地位が、どんなだか分からないけど、必ず変わるものなんだろうと思う。

いつ?

どこから?

崩れ始めるのか。

一ヵ所、止めても、また別のところから、崩れるんだろう。

きっと、止められない流れ。

 

ダイアモンドか、値崩れをしなかったのは、デビアスが、採掘量を調整していたからなんだって。

今どき、物事が変わっていくのは早いから。

オパールも、変わっていくのかな。

instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

PAGE TOP