「ニューノーマル」

 今朝の「モーニングショー」、「玉川さんロス」のところへ、颯爽と登場の「田坂広志さん」でした。

 玉川さんもエエけど、田坂さんもめっちゃエエわ。

 高木美保ちゃんも。

 田坂さん、準レギュラーになってくれはったらエエのに。お忙しそうやし、リスクマネジメントが必要な局面で、必ず登場してくれはったらなあ。

 

 田坂さんの、今日のありがたいお話は、「リスクマネジメント」と「ニューノーマル」ってことです。

 リスクマネジメントというのは、最悪を想定して動く

 例えば、原発の例を出して、防潮堤の高さを決めるときに、最悪を考えて、それに備えた装備(この場合は高さ)にしておく。そういうのが、リスクマネジメントの考え方だそうで。

 (ただ、必要がない可能性もあるからそうなるんかなと思うんですが、よく分からんけど中を取ってみたいに)最悪に備えた高さにしないで、ほどほどで押さえてしまうと、福島第一原発の防潮堤を乗り越えてしまった。

 安全と安心を確保すること。

 人は、安全な状況でも安心できないことがあり、安全でなくても安心してしまう状況がある。

 今回のKー1や、花見客や、大阪の地下イベントのライブが、安全でないのに安心してしまっている例。

 危機感を伝えるには、言葉2割、あとは、話し方などの様子に鬼気迫るものがあるかどうかで、8割。

 小池さんの伝え方、確かに、正しい危機感を伝えきれていない。

 余談ですが、好感度を落としたくないから、ソフトにしたのか?パニックを抑えるためだったのか?なんて、勘ぐってしまう私でした。いや、小池さん自身が、ホンマの状況を、正しく理解できているんだろうか?

 

 そして仰っていたのが、田坂さんが、海外の知人の方とのやり取りで、お互い同じ認識を持つと仰っていたのが、「ニューノーマル」の時代に来たと認識しないといけないのかもしれないということ。

 今までの普通ではなくて、新しい普通の視点に切り替えて行かなくてはいけない。

 ツイッターを見に行くと、感染症のことだけに触れている視聴者の方もおられたけど、実は、台風の水害や、家の被害なんかでもそう。

 今回たまたま不幸にもこんなことが起こったけど、過ぎ去ればいつも通りって考えではなく。

 一回ではなく、この先も「来る」「起こる」ことを前提に、備えてある社会である必要があるって。

 それは、そう思った。

 

 感染症に関していえば。

 病院の作りや、医療システムの仕組み、老人施設での備え。

 さらにね、飲食業やレジャー業など、また来た時、外出できない時に、そっちモードに切り替えた営業ができるようになっておけば、良いのかもしれない。

 「ふく蔵さん」では、とりあえず、家飲みで楽しんでいただけるおつまみを用意していますって、インスタ流れてました。

 一か所で集まって、飲食するのがいけないなら、例えば、さっとレジを通れるようにしておき、予約制で、季節のお弁当をお渡しできるようにしたら。ふく蔵さんだと、田舎なので、お客さんは車で人数分取りに来て、2人位ならお家の縁側で季節のお弁当を食べる。とか、安全を配慮しつつも、少しはホッとできるものを提供しようとか。

 いざという時、きっちりと感染対策をしたうえで、自己隔離している人のために、出前いたしますとか。容器は、もちろん使い捨てですよね。ただ、今回より怖い感染症なら、そうは行かないんだろうなって、思うけど。

何か、考えてはるんかな。実際には、どこまでなら、安全にできるのか、判断が難しいので、大変。うちの教室もですけど。

 みたいな。

 想像力がこのくらいなので、このくらいしか出てこないけど、「モード切替」で、次来た時にも対応できるようにしておくのって、飲食店なんかの「ニューノーマル」って、言えるのかも。

 私の仕事なんかだと、通販を考えます。皆さんもう、されている感じですよね。

 私の場合、思いついても、試作中ばっかりで、そもそも売れる状態になってない。ニューノーマル以前の問題や。

 

 今の対策を見ていて、確かに思うんです。

 最悪を考えた施策になってない。

 いや~、そこまでではないかもしれんやんか。やり過ぎやったら、しんどいだけやで。

 ほな、中取って、ほどほど自粛していただきましょかあああ~~~。

 って感じ。

 やるなら、もっと検査件数を増やして、やり過ぎなのかそうでないのか、判断材料を少しでも増やす。それでも判断は難しいだろう。が、それやらんかったら、もっともっと、判断難しいっちゅ~ねん!

キャパの6分の1ってネットのニュースにあったけど、それ、何やねん!ふざけんな!本気で終わらす気、あるんか?

 K-1開催した主催者も、ひとたび感染を広げた結果になったら、その時の信用の失墜の損失は、計り知れない。

 っていうか、それだけの損失を前提にしたものを「自粛」させようっちゅ~んやったら、やることやってから、言え!最低限、検査データ、そろえとけっていうねん。本気見せんと、誰に何が伝わるねん!あほ!

家賃要らんからまだまし、とか、お利口さんの答え、よそではするけど、スマホ代も、払われへんわ!(貯金で払います)

 って、思い始めたら、怒りが治まらなかった私でした。

 すみません、日本に27%の、感情の切り替えが遅いタイプのようで、怒りも悲しみも、ハッピーも、長続きしてしまう人なんです。

 話それました。

 

 そういう意味では、私はリスクマネジメントできているのか?

 最悪を考えて生きているのか?

 台風の備えはした。

 教室のお休みもした。必需品の買い物以外では、1人で働く工房へは行き、田んぼへの犬の散歩以外出かけてないし、買い物の回数も少なくて済むようにしている。

 もっと最悪を考えたら、母を預けず、仕事を家でするってとこまでしないといけないかもは、考えてあるし、その時はそうしようと思っている。

 と、そこはそこ。

 

 「ニューノーマル」それは、ワードは違えども、私も考えていた。

 こういう時代になったとき、今の仕事がだめになったら、もう駄目だと絶望するのでなくて、どこかへ動いていける気持ちは要るのかも知れない。

 ウィルス対策だけでなくて、非常時には、必要とされない仕事な訳で。

 いや、被災地に歌は必要だったけど。この仕事も、非常時でも求められる人はいるのかもしれないけど、私がそうとは限らんやん。

 そこちょっと考えようって思った。

 介護のお仕事でもしようかなは、一瞬だけチラッと思ったことで。

 世間話で介護士の生徒さんからお話を聞いていて、彼女のところでは、お仕事は、「ほぼお風呂」なんだそうで。

 感染症なんかもあるし、お風呂に入れる順番も重要で、意外と、医療と隣り合わせぐらいの意識が必要のようで。

 介護でも、って、「でも」って言える仕事ではないことは、理屈では何となくわかっている。

 「でも」って思ったのは、採用時に、年齢を問われないからっていう理由の「でも」で、甘く見てるってのは違う。

 あ、あと、小学校一斉休校に遅れて、12日から小野市が休校にしたとき、利用している施設でも、やりくり考えないといけなかったようで。ふと、ここは、慢性的に人の足りない業界やったなあって、思ったんでした。

 この頃、そういう可能性を、考え始めた。母が家で過ごせなくなった時が、一つ考え時だ。

 それまでに、通販で売れる作家に切り替えておけるかにかかっているし、意外と遠い先の話ではないのかなあと、思う日もある。

 いつでも変わっていける自分。

 いったい、自分に何ができるんだろうなあと思う。ヘタレやし。

 ただ、母の遺伝子を貰っているからなあ。

 彼女の凄いところは、自分が生き延びるための気持ちがとても強い、生命体としての絶対的な基本を持っているところですね。そこは、父の方が、やや後ろ向きだったかな。

 生活のためには、しんどい仕事でも、どんどん飛び込んでいく人だった。

 だから、散々けんかしたけど、今介護してるんかな私って、思う。

 あ、また、話が逸れましたが。

 そんな、自分における「ニューノーマル」について考えるこの頃なのでした。

 

 田坂さんと玉川さんの対談、見てみたい。

instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

PAGE TOP