プロフィール


多鹿 由美(たじか ゆみ)

<仕事>

沖縄の「鍵石」でお魚のアクセサリー販売から始めたお仕事。

2003年にトンボ玉教室をスタート。2007年以降は、とんぼ玉作家と教室の先生のお仕事をメインにしています。

<経歴>

1966年 兵庫県生まれ

1997年 キルンワーク、バーナーワークを始める
1998年 沖縄などで、ガラスアクセサリーの販売を開始
2000年 アメリカ、オークランドで開催のISGBカンファレンス参加
2001年 アメリカ、ボールダーで開催のISGBカンファレンス参加
2003年 小野市の工房内にて、トンボ玉教室を始める
2005年 フュージングアクセサリーの製作を休止し、とんぼ玉に専念
2005年 神戸とんぼ玉ミュージアムにて、作品展示開始
2007年 インターナショナルランプワークフェスタ神戸2007デモンストレーター
2007年 神戸新聞文化センター東播支部(加古川)にて、とんぼ玉教室の講師を始める
2009年 神戸新聞文化センター三宮支部にて、とんぼ玉教室の講師を始める
2015年 三宮教室をとんぼ玉ミュージアムに移す
2018年 三宮教室を終了、とんぼ玉ミュージアムの展示を終了
2018年 小野教室にて、酸素バーナー教室を試験的に開始

工房内で小野教室、神戸新聞文化センターで加古川教室を開催中

 

<受賞歴、展示会他>

2004年 グラスクラフトトリエンナーレ2004 入選
2004年 ラークブックス社「1000 Glass Beads」掲載(公募による選抜)
2006年 ビーズグランプリ2006ガラス玉部門 入選
2006年 とんぼ玉ミュージアム公募 入選
2007年 ビーズグランプリ2007ガラス玉部門 入選
2007年 ISGB公募 「Metamorphosis」(アメリカ) 入選
2008年 ビーズグランプリ2008 ガラス玉部門、ガラス玉大賞受賞
2012年 アメリカのガラス雑誌「Glass Line」の国際公募「Top 40 international beads/beads mekers」入選

2007年~2016年 「ふく蔵」多鹿由美 多鹿和広 ガラスアクセサリー2人展
2017年~ 「ふく蔵」多鹿由美 ガラスアクセサリー展
「グラスギャラリーSUMITO」「悠々舎ギャラリー」「ギャラリー阿字万字」「ぎゃらりぃ花」等で、グループ展

 

<作品掲載>

「1000 Glass Bead] ラークブックス社(アメリカ)
「100 Lamp workers」
「Glass Beads 2008年冬号」 ISGB会報
「ランプワークマガジン 6号」 技法紹介と作品掲載
「ランプワークマガジン 18号」 技法紹介
「とんぼ玉」 亥辰舎
「Glass Line 2012年6/7月号」(アメリカ)

 

 

 

 ラークブックス社(アメリカの出版社)が、年6冊刊行しているガラス工芸専門誌、「グラスライン」の2012年6/7月号に載りました。

「Small but Beautiful  Top 40 International beads/beadmakers 小さいけれど美しい世界のトップ40のグラスビーズとビーズ作家

という企画で、公募がありました。当時は、オンラインでの公募が始まっていたので、デジカメで作品の画像を撮って、プロフィール画像を家族に撮ってもらい、エントリーのための必要事項を英作して、メールで送りました。

この号は、一冊丸ごと公募に関係する内容で、最初に審査をした作家さんに関する内容(表紙は、審査をした作家さんクリスティーナ・ローガンの作品です)、そのあとは、公募に通った人40人分、1人1ページに作品と作家についての内容でした。

掲載されたのが分かったときは、ホントにうれしかったです。選んでもらったのは、工房の看板やこのページのあちこちに使っている緑色の植物の玉と同じタイミングで作った玉でした。エントリーは、確か、4個までできたので、アイリス、キノコ、カンザシヤドカリの玉もエントリーしたので、その写真も載せてもらいました。

 

2012年に京都の出版社「亥辰舎」さんから出版された、とんぼ玉(代表作家作品集)に、掲載してもらいました。

最初の画像が、表紙です。私たちのカリスマ、増井先生の作品が表紙です。2枚目の画像、左半分が、私の作品のページ、50音順の掲載なので、お隣に田上さんの作品が載っています。

3枚目の画像。本の表紙のカバーを外したところ。左から、裏表紙、私たちの2大カリスマ内田俊樹先生の作品、表紙、私たちの2大カリスマ増井敏雅先生の作品ですが。本の実物をもらって、2カ月くらいたった時に、表紙裏が、私の作品画像だったことに気付きました。すごくうれしかったです。出版社の方に、その後会ったとき、お礼を言って、「どうしてですか?」って聞いたら、「え?きれいだったから」って、言ってもらいました。

思うとおりにならないこともあるけど、めげずに頑張ろう。って、時々思い出しては、変な笑いをする私でした。

 

<趣味他>

学生時代は、天体観測をしていました。
中学の時は、友達と理科の先生で、高校では天文部、大学では天文同好会でした。
フィルムカメラで、下手な天体写真を撮っていました。

会社員時代に、スキューバダイビングをしていました。
沖縄の座間味島で、主に潜っていました。
ポナペ(ミクロネシア)、シパダン&マブール(マレーシア)、グレートバリアリーフ(オーストラリア)にも行きました。
初心者の頃、一本だけギリシャのミコノス島の沖でも潜りました。
フィルムカメラを、ハウジングに入れて、またまた、下手な水中写真を撮っていました。

トンボ玉を初めたら、忙しくなって、今では立派な?丘ダイバーです。
しかも、流星雨が降ったあの夜、見ないで寝てました。
天体写真、水中写真は、ピント、絞り、シャッタースピードなどの計算が、それぞれに特殊でした。
さて、とんぼ玉の写真は・・・・これはこれで、難しかったんです。

数年前から、3年間は、犬の散歩途中のキノコ観察が趣味でした。
キノコは、逃げないので、観察しやすいんです。
この頃の運動&気分転換&考え事は、犬の散歩中にしています。とっても大事な時間です。

それと、自覚はなかったものの、文章を書くのが昔から好きだったらしく。
ネットでの日記を書くのは、お仕事なのか?趣味なのか?


ビーズグランプリ2008で、他2点、佳作入選2008年8月 ビーズグランプリ2008 「ガラス玉大賞」受賞
「ちびタコの冒険」


写真・作品提供 日本アートアクセサリー協会

 
「アイリス」      「麻の葉紋」


2007年8月 ビーズグランプリ2007
佳作入選(1点出品、1点佳作入選)


「サラサ」


2007年2月 ISGB公募 「Metamorphosis」入選(アメリカ)

 


最近の投稿

PAGE TOP